ギフトグレースは悪徳業者なのか?検証してみました

「仮想通貨」のゆくへ

「仮想通貨」とは、インターネット上で取引されるお金の決済方法で、その中には、通常、私たちが利用するコンビニ支払い、クレジットカード払い、家賃の送金、その他の送金などが含まれ、コンピュータデータとして処理されています。
ですので、日本銀行が発行している、1万円札や500円玉などの法的紙幣や通貨とは異なり、その価値を保証する法的機関はありません。
不正防止策として、SSL暗号化やワンタイムパスワードなどがあり、さらに複数のコンピュータがデータを共有し合い監視している、『ブロックチェーン』で管理されています。
このため「仮想通貨」は、別名「暗号通貨」「デジタル通貨」とも呼ばれています、

 

こんなに厳重な不正アクセス防止策がとられているのにもかかわらず、インターネット上の通貨流出が問題に上がっています。
K社は、不正アクセスにより顧客のお金、約580億円以上も詐欺にあったそうですが、詐欺にあった全金額分を詐欺にあったK会社が補償するらしいですが、すごい金額です。
個人情報流出も一時期問題になっていましたが、お金の問題にまで発展しているので、私たちのの生活そのものがネットトラブルに囲まれて生活しているといっても過言ではありません。
金融庁は、通貨流出問題で不正アクセス防止策改善命令を出したそうですが、ネット上の不正アクセス問題はとどまることがないので、仮想通貨取引を頻繁に行っている消費者としても不安な面があります。

 

お金の価値は?

この頃では、カード決済のため実際にお金を出し入れすることがが少なくなりました。お金を目にすることも少なくなってきたのでお金の価値も薄らいできたと思いませんか?

 

スーパーの買い物カードもそうです。予め、買い物カードにお金をチャージしておけば、レジでカードを渡すだけでお金の決済が済み、今までのようにお金のやり取りにもたつくことがなくなります。

 

レジでお金を渡し、お釣りを受け取るという操作が省略できてレジの流れもスムーズ、これはお店にとっても消費者にとってもメリットです。

 

お金の決済を確実に行えてレジの流れもスムーズになる、これはお店側にとっては確かに大きなメリットになっています。

 

しかし、消費者にとっても大きなメリットになっているといえるでしょうか?

 

ただ、お金を実際に見ることがなくなり、お金の価値を実感することが少なくなった点においては、残念な気がします。

 

自分が働いて得たお金で、お気に入りの商品を買い、レジでお金をさし出してお釣りを手にするという、この一連の操作が消費者にとっては満足度が大きいと思うのです。

 

でも、この操作が行えず、もらったレシートには決済方法が記載されていますが、ただ単なる紙切れ一枚のことで満足度はゼロといっても言い過ぎではありません。

 

お金は働いてたくさん稼いで貯めるほど価値が出てきますが、これも使わなければ貯めているだけでは通帳には記載されますがただ単なる紙切れにしかすぎません。

 

ですので、私はお金の価値を感じ商品を買う満足感を得るためにカードにお金をチャージせず、いままでどうりにポイントがつくようにだけ使っているのです。

関連ページ

電子マネーで節約のポイント
ギフトグレースはアマゾンギフト券の買取を行っている業者なのですが、ちゃんと振り込んでくれるのか?悪徳な会社ではないのか心配だと思います。私が実際に利用して検証してみました。
クレジットカードで賢く管理と節約をしましょう
ギフトグレースはアマゾンギフト券の買取を行っている業者なのですが、ちゃんと振り込んでくれるのか?悪徳な会社ではないのか心配だと思います。私が実際に利用して検証してみました。
安易な気持ちのカード利用がリボ払い地獄に
ギフトグレースはアマゾンギフト券の買取を行っている業者なのですが、ちゃんと振り込んでくれるのか?悪徳な会社ではないのか心配だと思います。私が実際に利用して検証してみました。
クレジットカードの現金化?
ギフトグレースはアマゾンギフト券の買取を行っている業者なのですが、ちゃんと振り込んでくれるのか?悪徳な会社ではないのか心配だと思います。私が実際に利用して検証してみました。